Author Archives: 西野勝

ご夫婦ご一緒に♡

こんにちは!ニコおとなこども歯科 保育士の岡田です!

今日はご夫婦でホームホワイトニングにお子様連れでいらしてくださいました!

パパのメンテナンスの間はママとお子様はキッズスペースで。ママの番になると、次ははパパが一緒に遊んでいました。

お子様のお預かりもありますが、ご夫婦でいらしてこのようなキッズスペースのご利用もできますよ!

お子様は可愛いシャンデリアに夢中でした♡

またお待ちしております♡

 カテゴリ:未分類

3歳のおとこのこ✩

こんにちは!ニコおとなこども歯科 保育士の鎌田です(*´ー`*)

今日は検診に来てくれた、Sくんのお写真を撮らせて頂きました♬︎

Sくんは3歳の男の子!

お母さんからの「先生にお口開けて見せてね」の声掛けに

元気よく「うん!」とお返事してました( ´∀`)かわいい〜!

今回はユニットではなく、普通の椅子に座って

衛生士さんとお話しながら歯磨きさせてくれました!

もも味の歯磨きジェル、美味しかったね♪

お家では苦手と聞いていたフロスも、上手にできました!

「自分でやる!」とチャレンジしてくれたのも嬉しかったよ〜٩( *ˊᗜˋ* )۶

見やすいようにお口も大きく開けて、かっこいい姿も見せてくれました!

Sくん頑張ってくれてありがとう♪

来月遊びに来てくれるのを、楽しみに待ってます(*´ー`*)

お母様もお写真のご協力、ありがとうございました。

 

 

 

 

 カテゴリ:未分類

お母さんの検診♪

こんにちは!ニコおとなこども歯科、保育士の鎌田です(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

先日、お母様のクリーニングとホワイトニングに

ついてきてくれたHくんとSちゃんのお写真を撮らせていただきました♪

H君は電車のパーツをつなげて、足りないところはレゴのブロックで補って…と

工夫しながら複数のおもちゃを組み合わせて遊んでいました(*´-`)

この後もどんどん拡大していって、キッズスペース半分を占めるほどの

超大作が出来上がりました〜♪

ポケモンのゲームではたくさん新しいモンスターをGETしてくれて

図鑑が充実してきたね╭( ・ㅂ・)و

妹のSちゃんはアンパンマンのパン屋さんで

たくさんパンを焼いて、出来立てを私に食べさせてくれました♡

とっても可愛い仕草にキュンとしました(๑˃̵ᴗ˂̵)

キッチンでは野菜を切ってハンバーグを作ってくれました!

最後はHくんと2人でボールプールで大はしゃぎ⭐︎

ボールを投げたりプールをひっくり返して遊んだりして

いっぱい楽しんでくれて嬉しかったです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

 

また健診で遊びに来てね♪待ってるよ♪

お母様もお写真のご協力ありがとうございました!

次回のご来院をお待ちしております◎

 カテゴリ:未分類

ご兄弟みんなで♡

こんにちは!ニコおとなこども歯科 保育士の岡田です!

今日は兄妹弟の賑やかな診療風景。

お兄ちゃんは染め出しをして、磨き方を教わりました!磨き方も上手!落ち着いているお兄ちゃんは歯石取りまでできちゃいましたよ!

妹ちゃんは虫歯発見!でも今日歯医者さんに慣れる為に治療の練習をしました!
お兄ちゃんお姉ちゃんをママと賑やかに待っていた弟くんもこの後歯磨きの練習頑張りました!

少しずつ慣らして、歯医者が怖くないところに♡

むしろ楽しいところに♡

お待ちしております♡

お写真撮らせて頂きありがとうございました♡またお待ちしております(^^)

 カテゴリ:未分類

お子様の指しゃぶり

こんにちは。歯科衛生士の新井です。


連日、お子様連れの患者様にもたくさんご来院いただき嬉しく思っております。
さて、今日はお子様の指しゃぶりについて少しお話しさせていただこうと思います。


まず指しゃぶりとは、その名の通り指を上の顎に押し付けて吸う(しゃぶる)仕草のことです。小さいお子様、特に赤ちゃんは指しゃぶりをする姿をよく見ますよね。

指しゃぶり=良くない事、歯並びが悪くなる、などのマイナスのイメージがあるため、早くやめさせなきゃ!と思われている親御様も多いのではないでしょうか?


実は、指しゃぶりはお子様の精神発達段階の一つとして必要な行動だといわれています。ですので、最初のうちは無理にやめさせる必要はありません。


2歳ごろまで様子を見てやめる様子がなければ、3歳になるまでに少しずつやめさせるための工夫を始めることをおすすめします。
ここで指しゃぶりをやめさせるための工夫をいくつか紹介します。


①指しゃぶりが良くないことだとお子様にお話ししてあげる

…歯並びが悪くなることなどを説明し、指しゃぶりが良くないことだと教えてあげましょう。


②指に絆創膏やテープを貼ってあげる

…指しゃぶりをした時の違和感があります。


③お子様が集中できるような遊びを提案してあげる

…手を積極的に使うような遊びをさせてあげてください。お外遊びなどエネルギーを使う遊びだとお子様のストレス発散にもなります。寝つきも良くなる為寝る前の指しゃぶりも防止できます。


④コミュニケーションをたくさん取ってあげる

…精神的不安から指しゃぶりをしてしまうお子様もいます。たくさんスキンシップをとってあげてください。安心感から指しゃぶりを防ぐことができます。


いかがでしたか?このお話が何かのお役に立てば嬉しいです。
ニコおとなこども歯科では、保育士の国家資格を持つスタッフが在籍しておりますのでお子様はもちろん、親御様にも安心して治療をお受けいただけるかと思います。


他にも何か不安なことがありましたら、ご来院いただいた際に是非担当スタッフにご相談くださいね。

 カテゴリ:未分類

歯医者が楽しい♪

こんにちは!ニコおとなこども歯科 保育士の岡田です!

先日お話した小さい頃のトラウマから歯医者が嫌だと言っていた患者様から、今日お会いした時に

「ここの歯医者に来て良かったわ♡家の人にはね、歯医者に何そんな楽しみにして行ってるの?って、呆れられちゃってるのよ〜!」

というお声を頂きました!

嬉しいです。・゜・(ノД`)・゜・。

いや。嬉しすぎました

♪───O(≧∇≦)O────♪

そういう想いになって頂けることに関われてスタッフ一同心から喜びです♡

こんな風に思ってくださる方が1人でも増えてくれたらという想いをこれからも広げていきたいです♡

お待ちしております♡

 カテゴリ:未分類

今日の可愛い子♡

こんにちは。歯科衛生士の日浦です。  

本日はママの付き添いで来てくれたKちゃんのキッズスペースでのご様子をご紹介します(^-^)

Kちゃんは1歳さんとは思えない程のしっかりさんで、アンパンマンの歯医者さんで痛がるカバオくんのお口の治療や歯磨きをお願いすると丁寧にお手入れしてくれました♡

Kちゃん先生は次々とお待ちの患者さんを診察してくれて、お薬の投薬もしてくれます!入院患者さんのお着替えや、お腹が空いたり、喉が乾いた患者さんのケアもお願いすると、全てこなせるスーパードクターです(^-^)

 カテゴリ:未分類

赤ちゃんの歯ぐきに白いブツブツ?

 

こんにちは。

歯科衛生士のクマモトです。

 

 

イメージ.jpeg

 

 

子育て中のお父さまやお母さまが

生後間もないお子様のお口の中を見て

「もう歯が生えてきた?」と驚かれることがよくあります。

 

これは上皮真珠と呼ばれるもので、多くのお子さまに見られます。

 

新生児や生後数ヶ月の乳児の歯肉にツヤのある数㎜で球状の白色や黄白色の腫瘤です。

(写真参考)

これは顎の中で歯がつくられる過程での、歯の組織の残りが歯の表面に出てきたものなので、

歯の生え始めと誤解される方が多いですが歯ではありません。

 

痛みもないので治療の必要もありませんし、自然に脱落、消滅しますのでご安心ください。

その後の歯の生え方にも影響はありませんので心配もいりません。

 

 

お子様のお口の中で気になることがあればお気軽にご相談くださいね♪

 カテゴリ:未分類

泣き声の後に。。。

こんにちは!ニコおとなこども歯科 保育士の岡田です!

もう少しで4歳の男の子が検診、ママはメンテナンスに来てくれました(^^)

診察室からは少しの泣き声とイヤイヤが聞こえましたが、優しい衛生士さんが無理のない検診で少しの沈黙。無事に終わりました!

終わった後はケロッとしてキッズスペースでゆっくり遊びました。電車を走らせたり駅のエレベータを上げ下げ。黙々と遊びに集中し、ママも安心してメンテナンスを受けてもらいました!

遊ぶついででもよし!ママのゆっくりなメンテナンスの為に来るもよし!定期的な検診で歯医者に慣れてもらうことをお薦めしました♡

お母様もお写真撮らせてくださり、ありがとうございました!

みんな健康な歯に♡

 カテゴリ:未分類

☆ガマ腫☆

こんにちは!

歯科衛生士の清水です。

今回は「ガマ腫」についてお話ししていきます。

ガマ腫とは、舌の下側にある唾液を作る工場(舌下腺)から唾液が正常に流出できなくなり、唾液が溜まってドーム状に腫れる病気です。

見た目がガマガエルの喉に似ている事からガマ腫という名前が付けられています。悪性ではありません。

口腔底(部分ベロを上にあげた時に見える底の部分)が腫れる舌下型が多いですが、顎の下の部分が腫れる顎下型もあります。何らかの刺激(歯ブラシで傷つけたなど)が原因で唾液の出口が封鎖され、唾液が溜まることにより出来ると言われています。

症状としては、ベロの裏側の腫れや薄青い色の変化があります。

痛みはほとんどありませんが、舌下型の場合は大きくなると、食事の時に気になったり、発音がしにくくなったりします。また、小さい病変の場合、気付かれずに経過する事も少なくありません。顎下型の場合は、顎の下にこぶのようなものが出来て見た目にわかる様になります。

同様に口の中が膨らんでくる病気として、がんなども考えられますので、当院に受診してください。見た目や触った感じ、経過、画像検査で診断します。

40歳以下の女性や、子供に多いと言われているので、歯だけではなく歯茎や粘膜も普段から見るように心がけてくださいね!

 カテゴリ:未分類